英語の発音はどうやって学ぶの?

英語

英語の発音はどうやって学ぶのでしょう。結論から言うと、発音記号を学ぶ、これに尽きます。

では発音記号を学ぶにはどうすれば良いのか。

それを説明する前に、発音の重要性を知るため、まずはこちらの動画の冒頭を20秒だけ聞いてみて下さい。

Incredibles 2 Official Trailer

聞き取れたでしょうか。
少し簡単だったかもしれませんが、女の子は、

Did you wash your hands?
(手は洗った?)

…With soap?
(・・・石鹸は?)

…Did you dry them?
(・・・乾かしたの?)

Incredibles 2

と言っています。
文字に起こすと上記の通りですが、これを発音記号にすると少し変わってきます。

Did you wash your hands?
(dɪd jʊ wɒʃ jɚ hændz?)

…With soap?
(…wɪð soʊp?)

…Did you dry them?
(…dɪd jʊ draɪ ðɛm?)

どの単語がどの発音記号を使っているかをわかるようにすることは非常に重要です。なぜなら、聞き取れる英語の幅がぐっと深くなるからです。


例えば、hands?(hændz?)に使われている「æ」は、発音の話によく出てくる、「アとエの中間の音」です。
ここではhandという単語なので聞き取れるかもしれませんが、大事なのはどうやって発音するのかを知ることです。

とても重要なことなので覚えておいてほしいのですが、「発音できる=聞き取れる」です。

聞き取れるようになるために、発音記号を覚え、正しい発音ができるようになる必要があります。

発音記号の全体像を動画で掴もう

まずざっくりと、発音記号をなぜ学ぶか?何を学ぶか?その全体像を知るため、おすすめしたい動画があります。

(全編英語ですが、字幕もついていますし、勉強がてら見てみて下さい。今の時点で意味がわからなくても全く問題ありません)

『あいうえおフォニックス』英語発音 チャンネル紹介動画 ・Channel Trailer『Aiueo Phonics』 [#73]

今はYoutubeに非常に優れた動画がたくさんあるのでそちらを参考にするのが一番効果的です。
こちらの「あいうえおフォニックス」は、他にも発音記号をわかりやすく教えてくれるので非常におすすめです。

(余談ですが、この「あいうえおフォニックス」の「Chill Out with Ally & Fuzzy」というジャンルも、文章リスニングの練習にとてもおすすめです。ネイティブ同士のリアルな会話に英語字幕がついているので、とっさに何を言っていたか?自分が聞き取れていなかったところは何を言っていたか?がわかり、自分の耳が苦手としているところを特定できるのです)

この動画で言っていることは、日本語の50音にはそれぞれ1つの対応する音があるけど、英語の音はもっとたくさんあるので、50音の発想のまま英語を理解することは難しいよ、ということです。

そこでまずは、以下の動画を一気に見て、発音記号の知識をインストールして下さい。

ここは集中して、1、2週間程度でやってしまいましょう。
発音記号は英語学習のためのいわば準備作業。最初のモチベーションが下がらないうちに、一気にマスターしてしまうことをおすすめします。

母音

いきなりですが、母音は結構難しいです。なぜなら、日本語は「あいうえお」の5音しかないのに対し、英語は28音程度あるからです。

しかし母音を理解してしまえば、あとの子音や、発音の考え方を学ぶのが楽になります。ここは一気に見ていきましょう。
ここから一覧も見れます)

子音

子音も簡単ではないですが、学生時代の英語学習で馴染みがある分、まだとっつきやすいです。

ここでは、全ての子音を取り上げることはしませんが、最低限押さえておくべき9つの子音を学んで下さい。

発音記号はこれでOK!

これで発音記号の学習は終了です。

今のあなたには最低限の発音の知識が備わっている状況で、これだけでも、英語を聞き取れる力は上がっているはずです。

次は、ステップ①-2 単語学習に移りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました