キャリア形成における英語の重要性について

英語

ただ単に転職サイトに登録し、今ある選択肢の中からエージェントと話して転職先を探すというだけでも、今より良い条件で転職することは十分に可能です。

ただし、その選択肢をより広げるために、英語力というのが大きなキーになってきます。
簡単に言えば、英語はこの日本という市場で自分の市場価値をブーストする最も効率の良い方法なのです。

キャリア形成における英語の重要性とは

キャリア形成における英語の重要性について、私が実際に日系企業から外資へ転職した経験から考えてみます。

自分の市場価値をあげようと思えば、
・基本スペックを上げる
・特殊(専門)スキルを上げる
しかありません。

このうち特殊(専門)スキルの方は、転職先が欲しがるような水準を取得しようと思うと、その業界で実務経験を積む、MBA等で勉強する、資格を取るぐらいしか方法がありません。

どれも市場価値を上げてはくれますが、いずれも時間がかかり、転職期間(1ヶ月-6ヶ月)に習得できるものでは到底ありません。

では、基本スペックの方はどうでしょうか。基本スペックというのは、学歴、職務経歴、仕事の成果、英語力等です。

学歴は大学院にいくことで上げられますが、上記と同様に時間がかかります。職務経歴、仕事の成果は、今の職場で結果を残せるよう努めることは当然として、プラスアルファで転職先が明確に高く評価するような結果を短期間でつくるのは、不可能とは言いませんがハードルが高いでしょう。

そこで、英語です。
英語は市場価値を明確に上げてくれます。また、英語ができると外資への扉が開くので、オファーされる額も一般的に高くなります。

また、何より、日本には英語ができる人が本当に少ないです。東京で外資系企業で働いていると、ついついみんな英語ができるというバイアスがかかってしまいがちですが、地方も含めた日本全体で考えると、クラスに40人いたとして、英語が何不自由なく話せるのは人の割合は2〜3クラスに1人ぐらいではないでしょうか。
80〜120人に1人、つまり、0.8%〜1.2%ぐらいの人しか、満足に英語を話すことはできないのです。

希少性は価値です。他の人ができないことをあなたができるとすれば、それは市場での価値になります。

日本人の英語アレルギーは相当なものです。
先日も大学入試にTOEFL等を導入する案がニュースで話題になっていましたが、世論の強い反対もあり白紙となりました。

今の日本という国は、英語ができる人に対し恐れを抱いてると同時に、だからこそ、ビジネスという戦場ではそれが高く評価されます。

ある意味、英語プレミアムがついて高く取引されているようなものです。
そのおかげで、同じ業界でも英語ができることによって高い報酬を得ることができるのです。

英語は、あなたを一段高みに連れて行ってくれるボーディングパスなのです。

まとめ

とにかく英語を勉強しましょう。
継続する覚悟を持ちましょう。

ここでは心構えだけを書きました。
具体的な方法論は、これからアップしていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました