英会話が上達しないあなたに 【1ヶ月で英語力を劇的に向上させる方法】

英語

英語の勉強は結構していると思う。毎日通勤時間にリスニングの練習はしているし、わからない英語があったら調べたりもしている。内容を知っている動画であれば字幕なしでも聞き取れるし、シャドーイングもできる。なのに、新しい動画を見るとほとんど聞き取れないし、ネイティブ同士の会話は全くわからない。結果、英会話がどうしても上達しない・・・。

このページに辿り着いたあなたは、こんな悩みを持っているのではないですか?気持ちはわかります。上記はまさに、英語学習を初めて半年〜1年の私の状態でした。

最初の半年はすごく伸びます。なにしろ知らなかったことだらけなので、単語ひとつ覚えるのでも新鮮です。ネイティブ特有の言い回しや、イディオムを調べるのが楽しくて仕方なかったことでしょう。

しかし1年ぐらいになってくると、目に見えるはっきりとした成果が欲しくなってきます。「あれ、俺1年もやってるけど、上達してるのかな?」「他の人はもっとできるんじゃないだろうか」「もしかして俺って、才能ない?」あなたはこのような不安に苛まれているはずです。

でも安心して下さい。まず第一に、あなたの英語力は間違いなく伸びています。最初は全くの0だったから伸びたことがわかりやすかったですが、今は認識しづらくなっているだけです。もう少しでブレイクスルーがきます。

そして、ネクストステージに進む方法は実は大したことではなく、今までの勉強法に加えて、ほんの少しプラスアルファをするだけでいいのです。

この記事では、上記のような悩みを抱えた中級者のあなたに、ネクストステージへ進むための方法をお伝えします。

ネクストステージとは・・・

<現状>
・リスニングすると、なんとなく大体の意味はわかる
・字幕を見るとほとんど意味がわかる
・わからない単語は1動画(10分程度)10個ほど
・TOEIC600-700ぐらい

<ネクストステージ>
・リスニングすると、文章ほとんどの意味がわかる
・字幕を見て答え合わせするような感覚
・わからない単語は1動画(10分程度)2,3個
・TOEIC800-900ぐらい

なんとなくイメージが掴めましたか?想像してみて下さい。今よりもっと聞き取れるようになって、ストレスなく英会話を楽しむあなたを・・・。この記事ではその方法をお伝えしようと思います。

まず最初に、英語が上達しない3つの原因をお伝えします。原因はいつもシンプルなものです。もしかしたら、あなたの頭の中に実は既にあったけど、無意識に目を背けていた事実かもしれません(私はそうでした)。

次に、ではその原因を解消するために具体的に何をすれば良いのかをお伝えします。ここで学んだやり方をだいたい1ヶ月続ければ、あなたの英語力は劇的に向上するでしょう。

「英語は簡単じゃない」とよく言われます。たしかにそうです。でもその言葉の母数は、行動しなかった人たちも含まれています。あなたは既に行動しています。今まで勉強してきた土台があります。少しの掛け違いで、今不満を抱えているだけなのです。

そこを少し解きほぐしてやれば、ネクストステージにいくのは実はそれほど難しいことではありません。あなたがこれまで体験してきた、0→1にする作業の方がよほど大変です。

すこし自身を取り戻したところで、早速本題に入っていきましょう。

※なお、本記事は前述したレベル(中級者程度)の方を対象としています。これから英語学習を始める方や、まだ英語学習を始めたばかりの方は、別記事で学習の全体像を紹介していますので、まずはそちらをご覧になって頂き実践した上で、ある程度勉強に慣れた段階でこの記事を読むという順番がお勧めです。

英会話が上達しない原因

①単語力が足りない

身も蓋もない話ですが、そもそもの単語力、ボキャブラリーが足りていない可能性があります。

最低限のスピーキングには実は単語力さほど必要ない(自分の知っている単語を使って話せばいいから)のですが、リスニングには単語力が極めて重要となってきます。

なぜなら、言うまでもなく、知らない単語は聞き取りようがないからです。リスニングしていて、あれ、聞き取れないなと思い字幕を見ると、そもそも知らない単語だった、ということがあるかと思います。

これが英語力向上を阻む原因の1つ目です。あまりに単純すぎて、「そんなことか」と思うかも知れません。でも考えてみて下さい。あなたは知っている単語であれば、多少話すのが早くても意味を類推して聞き取ったりすることができるようになっているはずです。

知らない単語に対しては、その能力が使えないのです。これは大きなハンデです。冒頭で言いましたが、これは私の体験談に基づいています。リスニングのコツがないものか、と色々な文献をあさってみたりしましたが、そもそもの単語力が足りないという事実をまずは解決せねばなりませんでした。

②スピーキング回数が足りない

これも身も蓋もない、「足りない系」です。あなたは半年〜1年程、英語学習を続けているわけですが、インプットの基礎ができたあと、毎日オンライン英会話でスピーキング練習を続けてきましたか?本当に文字通り毎日、オンライン英会話を続けてきたでしょうか。さすがに毎日は・・・となったあなた、スピーキング回数が足りない可能性があります。

これも私の経験なのですが、英語力はスピーキング回数にシンプルに比例します。やったらやっただけ上手くなるし、逆に言えばやらなければ伸びません。もっと言えば、やらなければ伸びないどころか衰えていきます。

スピーキングは筋トレに似ています。口の筋肉を動かし、日本語を話しているだけでは使わない筋肉を使うからです。

もし、筋トレを趣味にしている人が、筋肉つかないんだよね・・・筋トレは1ヶ月に1回しているんだけどさ・・・と言っていたらどうしますか?

いや、毎日やろうよ!となりますよね?(筋トレは超回復云々があると思いますが、そこはよく知りません)英語も同じことです。できるだけ回数をこなして下さい。そしてなるべく、間隔は空けないで下さい。せっかくつけた英語力が衰えてしまいます。

③リンキング、リダクションが身についていない

単語も充分覚えてる。オンライン英会話も毎日やってる。それでも今ひとつ突き抜けられない、、、という人は、リンキング・リダクションが完全に身についていないというか、自分のものにできていない可能性があります。

リンキングというのは、音の繋がりのことです。例えばI got itという英文があったとして、gotのtとitのiが繋がって”ガリッ”みたいな音になることです。

リダクションは、音の脱落のことです。例えばI help herという英文があったとして、herのhが脱落して”ァー”みたいな音になることです。

リンキング・リダクションは、なぜか学校では習いませんが、英会話をする上で超重要スキルです。なぜならこれらがわからないと、何の単語を発しているのかがわからず、結果として何を言っているのかがわからなくなるからです。

せっかく必死に単語を身につけても、リンキング・リダクションの概念を知らないと、覚えた単語が出てきたのかどうかもわかりません。

つまり、せっかくの学習が片手落ちになってしまうのです。

このページを見ている人は、英語学習の全体像も読んで頂いているかと思いますが、そちらにもシャドーイングで身につけるべき基礎スキルとしてリンキング・リダクションの話は登場しています。

なので、概念は理解してシャドーイングを実践しているのだと思いますが、リスニング能力への紐付きが弱いのかなと。そこで、後述の解決編で、リンキング・リダクションを加速度的にパワーアップさせる方法を書いていこうと思います。

英会話が上達しない原因に対する解決策

①単語力が足りない ⇛ DUOを3周すべし

単語力が足りないと感じたら、シンプルに単語をもっと知りましょうという至極当然の話です。ここに関しては特に何も言うことはありません。とにかく覚えて下さい。笑

一つ言えることは、あなたは金フレの1,500語では満足できない英語力になっているということです。最速で話すために効率性を求めて、とにかくスピーキングをスタートするために最低限必要なラインとして金フレをおすすめしていましたが、このレベルまで来た今、あなたは次の単語帳を使っても良い段階にいます。

そこでおすすめは、まあこちらも定番ですがDUOです。DUOの何が良いかと言うと、一つの文章を覚えるだけで、複数の単語が覚えられるように設計されているのです。

例えば、こんな文章があるとします。

“In case of an emergency, get in touch with my agent right away.”

この文章は、in case of(〜の際には)、emergency(緊急事態)、get in touch with(連絡を取る)、agent(代理人)、right away(すぐに)という単語、熟語で構成されており、この文章を覚えてしまえばこれら単語・熟語が纏めて覚えられてしまうのです。

さらにCDもついてくるので、私はこれらの文章をシャドーイングして、文章を文章のまま記憶することで、単語力を飛躍的に高めました。

②スピーキング回数が足りない ⇛ オンライン英会話を毎日すべし

こちらもシンプルかつ明瞭な解決策です。とにかくやりましょうと。いやわかります。そうは言ってもどうしてもできない日もあるじゃないかと。そういう日は構いません。しかし私が言っているのは、緊急的にできない日を除いては、毎日オンライン英会話をするために、時間の方を調整しましょうという話です。

たった30分です。朝の通勤前、お昼の休憩時間、仕事終わり、たった30分どこかに時間を確保しましょう。ちなみに私は朝が苦手なので、毎晩やっていました。11時になろうが12時になろうが、1レッスンだけはやろうと決めてやっていました。

英語を話すためにはこれぐらいの覚悟は必要です。あなたはもう英語話者に手が届きかかっています。ここだけ頑張れば良いのです。あと1歩、1ヶ月だけ頑張りましょう。毎日やりきってみましょう。成果は目前です。

③リンキング・リダクションが身についていない ⇛ 日英同時字幕の動画を見るべし

さて、今までの継続ではなく新規の解決策という意味では、ここが本記事のメインコンテンツなのかもしれません。

リンキング・リダクションを体に染み付かせるには、日英同時字幕の動画を見るのが良いです。それも、映画やドラマではなく、日常会話系Youtubeの日英同時字幕を見るべきです。私はこれでリスニング力がめちゃくちゃ伸びました。

やり方は簡単です。まずは一回通して動画を見て動画の内容を理解し、次に英語字幕だけを追って、登場人物はこういう文脈で、こういう感情で、この文章を言っているんだなと理解して動画を見返す。これだけです。テキストより実際に見た方が早いので、例を見てみましょう。

【暴走】新宿ゴールデン街の夜が面白過ぎる件【日英字幕】

こんな感じで、まずはざっくり見て、二回目に英語を全文読んでいきます。何気なく発した一言が、実はI aaaaaaaamと言っていたり、I’m good at thisと言っていたりすることがわかるはずです。

日本語でも同じですよね。なんかさ、とか、え、まじとか、やばいわこれ、とか言ってますよね。そのへんの生きた会話を私達は知らず知らずのうちに聞き飛ばしていたのです。

そしてここで重要になるのがリンキング、リダクションです。これまで学んできたTed Talkやドラマと違った、本物のリアルな英会話で、どれぐらいのスピードでネイティブが話し、どれぐらいのスピードでリンキング・リダクションが発生しているのか、この動画を見るとわかります。

何回も何回も繰り返し聞きましょう。やり方はシャドーイングと同じです。完全に英文を暗記できるぐらいまで聞きまくり、動画の英語に続いて自分も発生する。これだけです。

これができるようになると、正真正銘ネイティブのスピードで話せているということです。そして話せる英語=聞き取れる英語ですから、話せる英語の範囲が広がっていく分、聞き取れる英語の範囲も広がっていくのです。

こちらの動画についても簡単に触れておきますと、動画主はバカイトさんと言って日常会話を日英同時字幕であげてくれています。単純に見るだけでも面白いですし、日常会話のリスニング練習としてうってつけです。実際にネイティブの人と話すとわかりますが、彼らの話すスピード、話す内容、テンション、まじでこんな感じです。ここで雰囲気に慣れておくと、将来いざ対面した時に緊張しなくて済むかも知れません。

バカイトさんの他のおすすめ動画も挙げておきます。

他の動画も面白いのでぜひ勉強に見てみて下さい。

英会話が上達しないあなたに まとめ

あらためて結論です。英会話を上達させ、ネクストステージに進むには・・・

  • 単語力をブーストしよう!
  • オンライン英会話を1ヶ月毎日やろう!
  • 日常会話のリンキング・リダクションに慣れよう!

これらをあと1ヶ月、死ぬ気で続ければ、違う世界が広がっているはずです。ここまで続けられた時点で、あなたには英語学習の素養があります。あともうひと押しです。

自分の思い通りに話せる、理想的な英語ライフを手に入れましょう。それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました