ミルクボーイがレアジョブの説明をしたら

その他

駒場「うちのおかんがね、好きなオンライン英会話があるらしいんやけど。」
内海「そうなんや。」
駒場「その名前をちょっと忘れたらしくてね。」
内海「英会話の名前忘れてもうて。どうなってんねんそれ。」
駒場「まぁいろいろ聞くんやけどな、全然わかれへんねんな。」
内海「わかれへんの。ほな俺がね、おかんの好きなオンライン英会話、ちょっと一緒に考えてあげるから。どんな特徴言うてたかっていうのをちょっと教えてみてよ。」
駒場「Skypeで毎日25分会話できて、フィリピン人の講師が多いって言うねんな。」
内海「おーー、レアジョブやないかい。その特徴はもう完全にレアジョブやがな。」
駒場「レアジョブな。」
内海「すぐわかったやんこんなんもう。」
駒場「俺ちょっとわからへんのよな。」
内海「何がわからへんのよ。」
駒場「いや俺もレアジョブと思ってんけどな。おかんが言うには、これから死ぬまでずっと何時間でもやってられるって言うねんな。」
内海「おーーーー・・・ほなレアジョブと違うかぁ。死ぬまではさすがに無理やもんね。レアジョブはね、ちょっと時間が空いた時やからこそ楽しめんのよあれ。レアジョブ側もね、死ぬまでやられたら荷が重いよあれ。レアジョブてそういうもんやから。ほなレアジョブちゃうがなこれ。」
駒場「そやねん。」
内海「ほなもうちょっと詳しく教えてくれる?」
駒場「会社のロゴの意味がいまいち分からんらしいねん。」
内海「ほなレアジョブやないかい。
あの人型の黄緑色みたいなやつの意味が全然わからんのやからあれ。おそらく人ではあるんやろうとまでしか予想できひんのよ。アプリ起動する時、毎回目に入ってきてその度に疑問に思うんやから。レアジョブやそんなもんは。」
駒場「いや、わからへんねんそれが。」
内海「何がわからへんのこれで。」
駒場「俺もレアジョブやと思ってんけどな。おかんが言うには、男の講師と女の講師を半々で受講するって言うねんな。」
内海「ほなレアジョブちゃうやないかい。
レアジョブで男の講師なんか絶対指名せえへんもんね。英語を学ぶという高尚な目標の前に、まず女の子と喋りたい欲求が勝ってしまうのが男なんやから。そのおかげでSkypeの履歴が女の人ばっかりで埋まってしまうのが悩みのタネなんよあれ。履歴消そうと思って色々調べても全然出てこうへんから結局諦めんねん。そういうからくりやからあれ。レアジョブちゃうがな。ほなもうちょっとなんか言うてなかった?」
駒場「挨拶だけ、早い段階で異常に上手くなるらしいねん。」
内海「レアジョブやないかい。
挨拶は何回も何回も言わされて、そのうちテンプレになって何も考えんでもすらすら言えるようになんねんから。あそこだけ切り取ったらめちゃくちゃネイティブの人いっぱいおると思うよあれ。レアジョブよそんなもん。」
駒場「いやわからへんねんだから。」
内海「なんでわからへんのこれで。」
駒場「俺もレアジョブと思ってんけどな。おかんが言うには、講師が全員スーツ着てるって言うねん。」
内海「ほなレアジョブちゃうやないかい。
レアジョブにスーツという概念なんかないからね。時には子供3人抱えてレッスンするんやから。生活がかかってるから本気やねん彼女らも。そのストイックさがレアジョブのええとこなんやから。レアジョブちゃうがな。ほなもうちょっとなんか言うてなかったか?」
駒場「たまにめちゃめちゃ厳しい講師がおるらしいねん。」
内海「レアジョブやないかい。
半年に一回ぐらい、めちゃめちゃ厳しい講師に出会うからね。メンタルへし折れるかと思うぐらいすぐ会話止めて指摘してくるんやから。めちゃめちゃ怖い思いしたんやから。あれのおかげで誰と話すのも怖くなくなるぐらい攻めてくるんやから。あれ以上攻めてくるもんなら、俺は動くよほんま。レアジョブよ絶対。」
駒場「わからへんねんでも。」
内海「なんでわからへんのこれで。」
駒場「俺もレアジョブと思ってんけどな。おかんが言うには、電車の中でやるのが一番やって言うねん。」
内海「ほなレアジョブちゃうやないかい。
だいたいどこでやってもええけど、電車の中だけはあかんねん。ただでさえ英語喋ってたら目立つのに、カメラ繋がっててその向こうで講師とワンちゃんが喋ってたら、もう完全にカオスと化すからね。レアジョブちゃうやないか。ほなもうちょっとなんか言うてなかった?」
駒場「始めたばっかりの時は、なぜか泣きそうになるらしいねん。」
内海「レアジョブやないかい。
英語それなりにできると思ってなめてたら、全く喋られへんで打ちのめされるからね。あの辛さはやってみないと分からんのよ。中学レベルの英語すら言葉としては出されへんのやから。でもずっとやってたらどんどん上手くなっていってそんなことは忘れてしまうんやけどね。俺は忘れへんで。レアジョブに決まりそんなもん。」
駒場「でもわからへんねん。」
内海「わからへんことない。おかんの好きなオンライン英会話はレアジョブ。」
駒場「でもおかんが言うには、レアジョブではないって言うねん。」
内海「ほなレアジョブちゃうやないかい。おかんがレアジョブではないと言うたら、レアジョブちゃうがな。先言えよ。俺が赤裸々に思い出語ってる時どう思っててん。ほんまにわからへんがな。どないなってんねん。」
駒場「でもおとんが言うには、HelloTalkちゃうかって言うねん。」
内海「いや絶対ちゃうやろ。もうええわ。」

コメント

タイトルとURLをコピーしました